モテたいアラフォー世代

アラフォー、サラリーマン。恋愛とか人付き合いとか思うこと書いてます。新潟県出身。マンガ、映画、漫才好き。

出会い系アプリに他人の写真を載せてみた

出会い系アプリを初めて一週間。ボクのプロフィールには全く反応がない。結局出会えないやんと思った矢先、ほんの遊び心で他人の写真を載せたらフィーバー。今日はそんなハナシです。

 

宣伝と現実は全く異なる

出会い系アプリを始める前は色んなサイトやCMを見て可能性を感じまくっていました。

「ペア◯ズで結婚できました!」

「PCM◯Xを使ったらこんな可愛い女性と付き合えました」

 

おいおい付き合うどころかメッセージ送っても返ってこないぞ。一週間立って、ポイントがなくなったのですでに放置。週末暇だったので久しぶりにアプリをあけたら、1人いいねが来てる。やったー、と思ってプロフィールを除いてみると、年齢45才。。。お姉さんというよりお母さんと読んだほうが近い年齢の女性。完全に諦めムード一色。桜木くんにダンクを決められた田岡監督状態。

f:id:pubken01kun:20180508083443j:plain

 

ペアーズのお節介機能「人気男性プロフィール特集」

そんなときにペアーズがやっている人気男性プロフィール特集というページを発見。要は、コレ見てモテない奴らは勉強しろっていうヤツですね。そこには爽やかな写真とリア充っぽい趣味が掲載されていました。圧倒的な差。

f:id:pubken01kun:20180508083930j:plain

 

悔しいが、女性からいいねをもらうためにはこれら人気会員と同じようなプロフィールにする必要がある。同じようなというよりむしろ同じにしたら人気になれるんじゃ。。。そう思い、プロフィールをパクるように。

写真をパクってしまうと全く同じになってバレるのかも??と、思って似たような写真をネットで一生懸命探して貼り付けることに。

最近のグーグルは優秀ですよね。「さわやか 男性」とかでさくさく写真がでてきますからね。そんなワケで適当に2、3ピックアップして貼り付けてみた。

 

自分の顔面レベルにショック

ピックアップして貼り付けた翌日に再びアプリを起動する。するとどうだろうか、大量のいいねと大量の足跡がついているではないか!ついに来た!人生に3度はあるといわれているモテキが。

f:id:pubken01kun:20180508095630j:plain

喜んだのもつかの間。てか、オレの写真じゃねえし。写真とプロフィールを変えるとここまで女性の引きも違うものなのか。そして今まで使っていたオレの写真って、、、

一部の女性からは食事のお誘いも頂いていたのだが、「なんか違うな。」と思って写真をそっと元のモテないボクの写真に戻しておいた。

 

その後

写真の撮り方、構図、光の当て方などなどイケていないボクなりの改善をさぐり写真の勉強を始めました。モテる写真ができるのはいつのことやら、、、(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ディズニーのキャストさんとの出会い | 無常のタイムアップ

ディズニーのキャストをやっている女性と知り合ったときのお話しです。せっかくいい雰囲気だったのに、ボクの息子が急におとなしくなるトラブル。そんなときのハナシです。

 

効率の悪い掲示

出会い系アプリ「イククル」を初めたらすぐにポイントがなくなってしまった。無差別爆撃はボクのような少ない軍事力ではちょっと合わないみたいだ。ポイントがないので、毎日ログインしてポイントを稼ぎ、無料で書き込める掲示板を使うことに。変化のない毎日にイライラ。そう、毎日ドリブルの練習ばかりじゃツマラナイのだ!

f:id:pubken01kun:20180506074909j:plain

 

積極的な女性現る

一週間経ったある日の夜、ようやく掲示板の書き込みをみた女性からメッセージが届いた。掲示板で書き込みをするのは効率悪い気がしたが、つながった女性とせっせとメッセージを始める。すると突然向こうから明日空いている?と言われた。会社の後輩と飲みにいく約束したものの、「ごめん、調子悪くてリスケでいい?」と断り、女性と会うことに。

後輩よ、、、あの時はスマン、、、

 

 

デートでリードした方がいい?

新宿西口で待合せをして繁華街に向かう。よくこのあたりで飲んでいるらしく、女性の行きつけのお店に入ることに。女性の後ろをついていくだけでいいので楽なのだが、本当にこれでいいのだろうか?もう少し、リードした方がいいような気もするが、どういうお店がいいかわからないので女性に任せる。入ろうとしたお店はめっちゃ人気店らしく、女性の指示でお店の前で並ぶことに。

f:id:pubken01kun:20180506075802j:plain

※ボクは泣いていません

 

トラブル発生

入ったお店は小洒落たイタリアンといった感じで、出てくる料理もオシャレ。1皿1000円以上するものばかりで、見た目だけで700〜800円かかっているのではないか?というぐらい味は普通。。。

2時間ぐらい飲んだら追い出され、近くの焼鳥屋に入り直してさらに1時間。二人とも酔っ払ったので、タクシーに乗ってホテルに移動することに。ここもほとんど女性主導で。

ホテルに入りいい雰囲気になってきた。ここまでスムーズなのがなんか引っかかる、、、と思っていたが、ここまで来たわけだし、まあイケるところまで行ってみよう。そう思ってズボンを下ろして、

息子をイン!

息子をイン!

 

・・・

息子をイン!

 

あれ!?元気ない。どうした?前半、一ノ倉くんのディフェンスを振り切るために体力を消耗した三井くんバリにフラフラだ。

f:id:pubken01kun:20180506080343p:plain

 

お茶を飲んで休憩。

 

再び、チャレンジするものの、、、

 

やはりダメだ。

 

安西先生の言葉がよみがえる。。。

 

f:id:pubken01kun:20180424174131j:plain


そうだ、オレはあきらめの悪いオトコ!

 

必死に策をねるが、、、

 

 

無情にもタイムアップのホイッスル。

 

 

f:id:pubken01kun:20180506080825j:plain

 

女性 「今回はたまたま調子悪かったんだよ。また次にしよ」

 

女性の温かい言葉に励まされ終電で帰ることに。元気ない息子と、気遣いのできる女性の間に挟まれモヤモヤしたまま家に帰る。

 

その後

翌日、お礼のLINEでを送ったら返信は1週間経っても帰ってこなかった。さすが、ディズニーのキャストさん、演技がウマイ。。。

f:id:pubken01kun:20180505092907j:plain

落とし物を拾う

落とし物を時々拾うことがあるのですが、そんなときに偶然遭遇したラッキーチャンス。日頃いい行いをするものですね。今日はいつもよりは真面目なハナシです。

 

物をよくなくす性格

ボクは昔から物をよくなくす性格でして、財布、携帯、自分のものであれば困るのはボクだけなのですが、会社の携帯、社員証、一番大変だったのは会社のパソコンをなくしたとき。そのとき、会社でセキュリティ担当をしていたときだったので目も当てられない(笑)あやうく会社をクビになるところでした。インターハイをかけた陵南ー湘北のラスト5秒、花道がダンクを決めて4点差になった瞬間の田岡監督のような顔をしていたと思う。

f:id:pubken01kun:20180428133844j:plain

 

駅には色んなものが落ちている

色んな物を落としている人間なので逆に誰かが落としたものを見つけると気になる。ああ、今頃、田岡監督のような顔をしているんだろうなあ?同じ物を落とす者同士気持ちが通じ合う瞬間があるんですかね。拾って、改札にいる駅員さんに届けたりしています。拾うものとしては、手袋、マフラー、ハンドタオル、一番ビックリしたのはカツラ。気づかないの??今頃、薄らハゲが歩いているかと思うと申し訳ないが、ちょっと笑ってしまう。

f:id:pubken01kun:20180428135210j:plain

 

カワイイお姉さんがハンカチを落とす

落ちているものを拾うこともあれば、リアルタイム落とし物を拾うこともある。その時はたまたま、目の前を歩いているお姉さんがハンカチらしきものを落とした。「こ、これは、チャーンス!!!」か、神様、ボクがよく落とし物を拾うからってこんな絶好な機会を。本当にありがとうございます。こんなときだけ神様に感謝してハンカチを拾う。

 

ボク「ハンカチ落としましたよ」

おね「ありがとうございます、すいません見慣れない土地で、、、」

ボク「そうだったんですね。よかったら道案内しますよ」

おね「ありがとうございまス!」

ボク「よかったら近くの喫茶店で一休みしましょう。この近くに美味しいパンケーキ屋がありまして

おね「そうなんですか!食べたいです!・・・」

 

(ここまで、妄想)

 

シミュレーションはバッチリ。よくリーダー研修とかで聞くが、リーダーはビジョンを明確にする必要がある。明確なビジョンが成功には欠かせないと教わった。リーダー研修が初めて役に立った瞬間。

 

一呼吸置いて、後ろから声をかける。

 

ボク「あ、あの、ハンカチ落としましたよ」

おね「ありがとうございます!」

 

 

 

 

 

そして、おねえさんは去っていった。

 

f:id:pubken01kun:20180428135919j:plain

 

まとめ

上手くいくまで拾い続けます。

 

f:id:pubken01kun:20180428140137j:plain

物足りないぐらいがちょうどいい

お付き合いされている女性に聞くと不思議な答えが返ってくる。「今の彼は別にそんなに好きじゃないんだけど。。。」じゃあなんで付き合う?長年のナゾにボクの経験を交えてメスを入れてみたい。もしかしたらモテるキッカケになるかもしれないので。

 

職場に入ってきた新人

ウチの勤めている会社は毎年新人を取っている。とはいえIT業界なのでオトコが多いが、その年はたまたま2名の女性が入った。1人は真野恵里菜に似ている(以下、えりな)もう一人は幸薄そうな代表格、木村多江に似ている(以下、たえ)

f:id:pubken01kun:20180428093920j:plain

f:id:pubken01kun:20180428093939j:plain

※写真のサイズが違うのは別に悪意あってのではないw

 

男性の9割は間違いなくえりなに目がいくだろう。ボクもえりなに初日から目が行った。えりなはルックスだけでなくコミュニケーション上手であり、機転も利く、かなりのレアキャラだ。こんな女性と同じ職場にしれくれた神様に感謝しつつ、3ヶ月ぐらいしたある日の仕事帰りにたまたま同じ電車になった。千載一遇のチャンス。フリーでボールを受けた木暮くんバリに。

f:id:pubken01kun:20180428094628j:plain

 

完璧な女性は居心地悪い

誰も邪魔がいない空間で会話を盛り上げ、あわよくばそのまま飲みに行こう。そう思い声をかける。えりなは卒なく返事をしてくれる。どうやら焼酎が好きらしい、しかも結構な酒豪。これはそのまま飲みに行こうと言えるチャンス。だが、なぜかシュートにいかないボクがいた。違和感というか、気乗りしないというか。あまり盛り上がらなそうなイメージがしてた。

ボクは最寄り駅に着いて、「今度、飲みに行こうね」と言って、電車を降りた。スッキリしない夜。その後、TSUTAYAに寄って、18禁のノレンをくぐって、、、

 

たえと合う

その日は会社の飲み会で、1次会で帰ろうとしたら同じ電車にたえが乗ってきた。職場でもほとんど会話しないので何を話していいやら。気を使ってたえの方から色々と話しをしてきてくれた。ボクも無視するわけでもなく、かと言って気を遣うほどのではないので適当に流す。

3駅ほどしたところでたえが乗り換えるために降りたのだが、その直前にLINEを交換し、今度たえのオススメの居酒屋に行くことになった。なぜ、あの時、飲みに行く約束をしたのだろう。。。?

 

気がついたら結婚

連絡先を交換してから1週間後ボクらは居酒屋で飲んでいた。ボクの好きなタイプではないので、別にムラムラするわけでもなく。3時間ぐらい飲んだら彼女を真っ直ぐ家に帰した。それからしばらく、時々飲みに行く関係に。そして気がついたら、彼女の実家に挨拶に行っていた。ボクが26才のときのハナシだ。

 

もしかしたら、物足りない中に何か安心感みたいのを見つけていたのだろうか。それか、あまり気を使わなくて済むから気楽に付き合ってられたのだろうか。原因はわからないが、ボクの昔話しだ。

もしかしたら、当時の奥さんも同じことを思っていたのかもしれない。ボクの物足りなさを感じながら居心地の良さを同時に感じるみたいに。

f:id:pubken01kun:20180428100556j:plain

 

その後

5年ほど結婚生活が続いた後、ボクの浮気がバレて離婚することに。物足りないからといって、浮気するのはやめましょう。。。反省

 

オススメ

お財布の中が物足りないのはちと残念というもの。

少しでもお財布の足しになったらと最近注目のサービス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷のオシャレなお店に入る

食べることに興味がない。食べないワケではないが、食べれれば何でもいいので普段はチェーン店に通う。そんなボクが勇気を出して、オシャレなお店に入ったときのお話し。

 

カレー→ラーメン→カレー→ラーメン

普段のボクの食事スタイルだ。1行で表現できるぐらいワンパターン。ちょっと表現を変えるとすると。

ココイチ日高屋ココイチ日高屋

チェーン店の最大の魅力は全国どこ行っても同じ味を提供してくれる。これほどの安心感はあるだろうか。陵南の選手、監督みんなからの絶大な信頼を寄せる仙道バリの安心感だ。

f:id:pubken01kun:20180423073135j:plain

 

起きてもいないことに不安にかられる

いつものようにココイチのカウンターで鳥煮込みカレーを食べていたときの話した。急に騒がしくなったと思ったら、中学生か高校生か、それぐらいの若いカップルがお喋りしていた。「ああ、懐かしいなあ」と思っていたら急に不安になった。

中学生ならココイチでデートでもアリだろう。お金がないわけだし。が、しかし、ボクのようなアラフォーが女性とデートとなったら?さすがにココイチのカウンターでカレーを食べるわけにはいかない。それなりのオシャレなカフェだったりで食事をせんと、「こいつ、センスないわ〜」と心のなかで笑われてデートもすぐ解散となるだろう。

f:id:pubken01kun:20180423074613j:plain

 

この状況をなんとか打破しないと。ボクもオシャレなカフェで食べる練習をしないと。急いでネットで調べて今流行のお店をチェックする。

 

オシャレなカフェに、、、入れない

週末、渋谷に降り立つ。ネットで調べると渋谷にはオシャレなカフェが多いらしい。1件目、お店の前に着くとガラス張りで中が見える。既にお客さんがいっぱいいた。しかも、カップルだらけ。こんなところに1人では、、、入れない。

(いま、ブログ書きながら思ったのが、オレってどんだけ自意識過剰なんだ??)

 

お店を出て再びネットで調べると第9位に中華屋さんが登場。ここならイケると思い、移動。お店の前につく。「ラッキー、カウンターがある!」中に入るとテーブル席ではカップルが、カウンター席ではお一人様が座っていた。カウンター席でラーメンを注文する。さすが人気店。チェーン店なら3分で料理が出てくるが10分ほど待ってようやくラーメン登場。

ラーメンを食べ精算して無事お店を出ることができた。こうしてお店の開拓は無事終了。長い旅だった。感動したが、涙は出なかった。。。

f:id:pubken01kun:20180423075354j:plain

 

まとめ

次回のお店開拓は、、、3ヶ月後かな?汗

 

 

美人にガッカリした夜

おはようございます。ボクは、基本、年頃の女性を見るとだれかれ構わずエッチしたくなるただの猿です。そんなボクでもちょっとずっこけることがあります。めっちゃ美人と思って、その女性が笑ったら歯に青のりがついててビックリ、みたいな。そんな話です。

 

美人登場

その日は夜友達と飲みに行くことになって五反田に向かうことに。山の手線が到着し乗ろうとしたら、ドア付近にスタイルの良い女性が立っていました。スーツをびしっときめて、高いヒールの靴を履いていて、いかにもバリバリのキャリアウーマンですよー的な。ボクは大好きです。

f:id:pubken01kun:20180420094533j:plain

※イメージ

 

これから、会社に戻って仕事??

いやいやもう仕事は終わって飲み会とかいっちゃうんじゃない?これだけの美人なら周りにいるオトコは黙っていないでしょ。今日はこのあとデートなんとちゃう?めっちゃ、イケメンで仕事のできる彼氏がいるんちゃう??デートが終わったあとに「今日、ウチくる??」なんて言われたらどうしよう?めちゃテンションあがるわ。彼女の家にいったらキレイなお部屋でお花の香りがしてきて、そのままベッドにインして、「わ〜!www」(ここまで3秒)

 

そんな妄想をしながら電車に乗ってました。読者の皆さんもボクの妄想力に圧倒されていると思いますが。。。

f:id:pubken01kun:20180420095040j:plain

 

スマホケースの衝撃

そんな妄想をしながら五反田駅についたので降りようとしたら、その美人さんはスマホを取り出してポチポチしていました。その次の瞬間、衝撃が走る。

スマホケースにどんだけモノ突っ込んでるんだ??」

遠目みたのですが、カードが4枚刺さってて、それ以外にも領収書やらポイントカードやらでスマホケースがパンパン。ああ、この女性は多分、財布もレシートやらなんだかんだで、パンパンなんだろうな。てことは、部屋もアレか?めっちゃ汚い??ゴミ屋敷?

それまでのキレイなお花の香りがする部屋から一転。ショックで打ちひしがれるボクがそこにいました(ここまで0.3秒)

f:id:pubken01kun:20180420100506j:plain

まとめ

待ち合わせ場所に向かう道中で、人の振り見て我が振り直せ。ボクも部屋ぐらいはキレイにしようと思いました。

が、その夜は飲みすぎて、次の日バタバタしながら会社に向かうハメに。そのうち、部屋片付けよう。。。

連載もののジレンマ

ブログを書くとなると最初に悩むのが連載もののストーリー性のある内容にするか、毎回読み切り単発を書くかとう問題だ。ボクなりの結論を書こうと思う。

 

人のブログを読んでて思うこと

新着記事をチェックする。色んな人が記事を書いているなあと驚くのだが、ボクが読みたいと思う記事はだいたい「すぐ読めそう」これだ。沢山あるなかでどれが面白いかわからないし。できればあまり時間をかけて一生懸命は読みたくない。だって、一日仕事終わって帰る電車の中だ。そんなに元気もないし。そんな状況で

「第15話 ◯◯」とか

「NO.21 △△」というタイトルを見ると即スルー。

おいおい、第1話知らんのにいきなり15は無理。

 

連載もののジレンマ

たしかに連載ものは楽な部分がある。一番最初にある程度大きなストーリーを作って、書き始める。ある程度のボリュームで切って投稿すれば完成だ。極端な話、一日で5話分ぐらいの記事を書いて、それを切って投稿すれば週一ペースであれば1ヶ月持つ。ボクもそれをやってたことがある。運良く第1話から見ることができた読者であれば、続きが気になって、継続してくれるかもしれないし。

ただ、そこには大きな落とし穴が。例えば、人気漫画ワンピースを例に。

 

ボク「ワンピース知ってる?」

友人「知らん。ウデが伸びる人??」

ボク「まじかー。読めや」

友人「今、何巻ぐらいいってんの?」

ボク「80巻」

友人「はあ?!無理」

 

まあ、そうなるだろう。80巻は重すぎる。

同じく長期連載している銀魂なんかも同じだ。たしか70巻ぐらいはいってる。それこそ銀魂は連載ものというよりは単発、毎回読み切りに近いほうだと思うが、新規ユーザのハードルが高いらしい。

 

f:id:pubken01kun:20180418073146j:plain


銀魂を呼んだことがあるひとなら笑えるが新規ユーザには、犬にカマれて何がなんだか。。。最近は、映画なんてやったりして新たなユーザを取り込むための動きなのだろうかと思うが、連載ものの難しいところだ。

 

まとめ

そういうワケでボクは連載ものでブログをスタートしていこうかと思う(笑)